前へ
次へ

肩こりが進行する姿は、ある人は押さえて

肩こりには、一般的な姿としての進行の様子が存在します。この話を押さえておけば、進行している状況について把握できる場合もあるでしょう。始めは、首から肩と背中に繋がる僧帽筋エリアの肩上部の圧迫感から違和感を覚えます。この状況は、肩こりの自覚が現れにくく、少し違和感を覚える程度がほとんどです。これが進行していくと、肩上部全体に圧迫感を感じ、肩に荷物を持つ様な重たさが現れてきます。中には、背中に鉄板が入ったような感じも割と多く存在するのです。さらに進行すると、肩こりのこりが感じられるようになり、自覚症状が顕著に現れやすくなります。この状態を放置すると、首元の痛みや肩全体の痛みが現れやすくなるのです。これは、ただ自分自身の体質だと思い込んでいると、眼疾患、歯の痛み、耳鼻科疾患など引き起こしやすくなり、肩こりが原因だと判断に気づきにくくなります。これらの話に該当する場合は、直ぐに専門の機関に足を運び、治療を心がけるのも大切です。

Page Top